ニュース

資料ダウンロード『日本の製造業はITを使ってどうやって生き残るのか?間違ったIT導入を正す!? IoT時代のエンジニアリングのジレンマとは』

2018年11月16日(金)の関西設計管理研究会のオープンセミナーにて
弊社代表 山田太郎 講演資料(抜粋版)

『日本の製造業はITを使ってどうやって生き残るのか?
間違ったIT導入を正す!? IoT時代のエンジニアリングのジレンマとは』

「現在の製造業が置かれている状況は?」「世界市場の変化、モノづくりの変化等、現在何が起きているのか?」「我々日本の製造業はどこで生き残っていけば良いのか?」「今後の製造業が向かうべき方向性は?」「各社が対応すべき3つの戦略(①スペック、②スループット、③アセット)、マネジメント手法とは?」
今後の製造業のあるべき姿を描く重点ポイントについて講演させていただきました。

〇セミナー骨子

 1.IoTとインダストリー4.0
・Iotとは何か?
・インダストリー4.0とドイツの実際

2.Iot技術の実際
・Iotアプリケーション
・Iotのアーキテクチャー
Iotのセンサー、Iotネットワーク、Iotプラットフォーム、Iotアプリケーション

3.製造業の課題 (様々なジレンマ=変化と矛盾)
・少量多品種とグローバル化
・モノからことへ(全てのサービスはクラウドに)
・付加価値のコントロール
・アセット依存からの脱却とスループット増大へ

4.製造業の工場内Iot
・インダストリー4.0でマネジメントするもの
スペック・マネジメント
スループット・マネジメント
アセット・マネジメント

〇資料<抜粋>ダウンロード

=資料の掲載期間が終了しました。ご興味のある方は、お手数ではございますが、以下フォーマットよりお問い合わせ頂ければ、こちらから資料を送付させていただきます。

弊社代表 山田への講演依頼やご相談もこちらからお問い合わせ下さい。

ご連絡お待ちいたしております。

 

 

関西設計管理研究会様のHPはこちらか→https://keac.jp/

ものづくりにおいて改革意識が高い企業や大学が集まりプロセスとツールと人材に関して最先端の情報交流をする場(昭和36年の発足以来56年の歴史を誇る)実際に改革を実施した際の事例の共有、書籍化、最新の取り組み工場等への訪問等を実施。様々なソリューションについて討議する研究会です。
流石関西。皆様とても明るい方ばかりで、楽しく刺激のある研究会です。是非HPを訪問してみてください。