コラムニュース

社長インタビュー ~新潟で古くから愛される胃腸薬 膽肚羅丸とは?今後の戦略とは?~

新潟の配置薬業 足高本店の足高社長に問う!
ゲスト:足高本店 足高社長様
~配置薬として新潟の地元の皆様に愛された漢方薬  和漢胃腸薬 たんとらがん「膽肚羅丸」とは?今後の戦略について~

Presented by ネクスシング株式会社 代表取締役 山田太郎

膽肚羅丸 ページURL

 

〇インタビュ―内容

皆さんこんにちは
ネクスシングの代表取締役 山田太郎です。
新潟の足高本店にきて、足高社長にお話しを伺います。

足高本店と言えば膽肚羅丸
非常に長ーい歴史のある胃腸薬。

本日はまず、足高本店さんの強みですとか、どうして、あるいはこういう商売を社長自身が始めたのか?それから、膽肚羅丸自身の強みについて、社長に伺っていきたいと思います。(山田)

〇足高本店の強みについて

まずは足高本店についてお伺いしたいと思います。
足高本店は、非常に長ーい歴史と、多くの方にこの薬を提供して愛されてきた。そのあたりをお聞かせ頂きたいと思います。(山田)

当社は、明治36年 1903年に本業をスタートさせていただいております。私でちょうど4代目にあたります。
当社で主体としている薬は、日本のずーと古い時代、大和時代から実績のある薬として皆様に愛用していただいております。(足高社長)

そうすると足高本店さんは、今年で創業から115年目で、奈良時代から存続する薬を扱っておられるということで、本当に多くの方に足高本店の薬を扱っていただいているのですね?(山田)

はい、本当にありがたいことで、多くの方に愛用していただいております。(足高社長)

〇膽肚羅丸とは

〇膽肚羅丸に含まれる生薬について

〇足高本店の今後の戦略について

〇足高本店 足高社長より一言

インタビュー内容の詳細はこちらから→たんとらがんホームページ

〇インタビュアー:

ネクスシング株式会社
代表取締役 山田 太郎 氏

【講師の主な経歴】
慶応義塾大学経済学部卒、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科後期博士課程単位取得。

外資系コンサルティング会社を経て、PTC(パラメトリック・テクノロジー・コーポレーション、米国ナスダック上場企業、世界最大の機械系3次元CADメーカー)
米国本社副社長等を経る。

PLMや部品表等マスター改革に強い製造業専門のコンサルティング会社ネクステック社を創業。
代表取締役に就任。自動車・自動車部品・産業機械・造船・重機・家電・精密機械・電子部品・輸送機器・物流機器等300社以上の大手企業の大規模改革
(部品表構築・部品のモジュール化・PLM/IT導入プロジェクト等)を指揮。
3年半で東京証券取引所マザーズ市場に上場。国内・海外企業を買収、中国を含むアジア各国に
積極展開した。
その後、日本企業の海外進出支援会社を創業、自社もASEAN各国にて積極的に事業展開。
製造業のコンサルティング会社、ネクスシング株式会社 代表取締役就任

参議院議員に就任。事業家・起業家の経験を活かし、製造業での経済復興、表現の自由、児童擁護、障がい者政策など多様な政策に取り組む。
その他、東京工業大学特任教授、早稲田大学大学院商学研究科(MBAコース)客員准教授、
東京大学工学部非常勤講師、北京航空航天大学名誉教授、清華大学(深センMBAコース)
講師などを歴任。
著書は、『日本版インダストリー4.0の教科書』『アジアで儲けるには経営の発想を変えよ』
『日本製造業の次世代戦略』
『PLM戦略』など多数。